始める電子回路 回路がわかる本 作る、買う、調べる回路

回路図を書いてみる ( 回路図CAD )


なんとなく回路がわかったら、回路図を書いてみましょう。
見てわかろうとするより何でもいいからやってみる、その前に、思いつきを回路図にする。
回路図CAD を使ってみる


回路図を描く

回路図がわかるようになるには、いろんな回路図を見て勉強する。。。
でも、わかるようになってからぼちぼちと書いてみるより、思いついた回路図を何でも書いてみるのも大事です。とにかく、イメージしたものを回路に表すのが回路図。
回路図を読む方が必要な人でも、読んでわかろうとばかりせずに、自分で書いてみると違った感覚で見えるものです。

回路を思案したり、手書きで紙に描いたりしている人はこれを使い慣れると知らず知らずに少しずつ、回路に慣れて来ると思います。(その前にこのソフトに慣れる必要ありますが、すごく使いやすい◎ソフトです)

失敗しても、実際は動作しない回路でも、何も心配いりません単なる図なので
PC上のソフトだと書き直しも自由です。

さあ、CADです
CADというと機械製図のイメージがありますが、回路図にも使われフリーソフトですが、立派にCADといえます。
使い方もすごくシンプルで使いやすい。ちょっと背伸びをしてでも試しにでも、CADで回路を描いてみましょう 
 回路を始めたての人はCADでちょっと開発者の気分に浸ったり (^^

昔から使われ続け、誰もが知る有名な回路図作成フリーソフト。すでに使っている人も多いかと思いますが、紹介。

   水魚堂の回路図エディタ BSch3V

複雑な機能をもたせず、シンプルな機能を中心に操作性をよくしている感じです。
操作しているうちにだいたいわかってくる、すごく使い易く軽快なフリーソフトです。最近さらにVerUPして完成度が上がっています。

とりあえず、フリーソフトで、展開すればインストールなく使えるので、気軽に試して使わせてもらいましょう。
このHPの回路図もこのソフトを使わせてもらっています。

BSch3V画面

知らない間に解説本もでているみたいです。
作ってみたい回路を最初は手書きで紙に書きますが、修正、変更がしやすいのでソフトを使うと格段に便利になります。

回路図の描き方、使い方は
特別なにもありません^^; 適当に使って、描いて ヘルプなど見て覚えましょう。

回路の部品記号を線でつなぐだけです^^ さわっているとそのうちわかるようになるソフトです
使われて来た歴史があり有名なソフトなので、ネット上にも解説記事や部品などがあると思うので。
(小さな絵を描くのが得意な人はライブラリを作るのも楽しめるかも)
そう言っては取りかかれない人もいるので簡単に使い方を

BSch3V(CAD)の簡単な使い方


基本はメニューアイコンで やりたい操作のボタンを押しておく(選択)
そのあとマウスで描く というのがこのソフトの基本

最初は メニューアイコンで ↑@-選択 になっている。
BSch3V画面メニュー

●まずはを引いてみる
メニューアイコンで線 ↑B(3種類のどれか)を押す  そしてマウスで 線を引く(一回だけ折れ線可)
 斜めの線はマウスで自在に引けません メニューアイコンで斜めの線 選択

すでに出てきたこの回路図をとりあえず書いてみる
BSch3Vで描く回路図

●部品を出す
↑A Trマークを押しておいて 書きたいところにマウスを持って行って押すと 部品集が出る
これの ここで部品を選んで選択すると現れる

BSch3Vライブラリウインド ○ 最初に 図面が大きい場合は
  メニュー
  ”設定”
    画面サイズ で大きさを変更してもいい。

○ 部品を出現させる
    ライブラリ -  DISCRETE
       名前  -  BATTERY

   ・ライブラリ 
     -  DISCRETE の中に
          R(抵抗)
          NPN(トランジスタ)
          LEDな どがあります。
    ・ライブラリ
      -  CONSWの中に  SW-1(スイッチ)
(ライブラリ名を選択するとその中に、右の枠の名前(N)で多くの部品が含まれている。どのライブラリにどの部品があるか慣れるまで探して行くしかないでしょう)

画面に出した部品の場所は後で移動するので
上の必要と思う部品を次々全部だしておくと便利

ok押すと出てくるので、マウスでドラッグして目的位置へ。
BSch3V部品画面

 いっぱい出てきた部品

@押して ”選択モード”にして、
部品をマウスで選択すると色が変わり、
それらしき位置へ移動。

そして、
このあと この部品をBの線を選んで
マウスで部品どうしをつなぐ。



BSch3V部品の回転
   線で部品どうしをつなぐ前に
   部品を配置しておくといい。

部品選択したあと、

 右クリック
  ・アトリビュート(または部品ダブルクリック)で
  表示名などを変更(最後にまとめてしてもいい)

  ・抵抗、などは回転して横にしたり、縦にしたり。
BSch3Vマウスで選択  部品位置を配置するとこんな風に

 マウスで囲むと、まとめて移動もできる
 ←(まとめて選択したところ)

 このあとマウスでまとめて画面の隅などに移動もできる

このあと線で全部の部品を接続して
上の 回路図ができあがります。

こうなる - BSch3V すごく使いやすい!
BSch3Vで回路図完成


* 編集ワザとして 
 ミラー  登場させた部品を向きを反転出来る

 回転   1回やると90度回転 何度もやると一回転

 移動   メニューアイコンで↑にしておいて マウスで囲み選択 そのあとドラッグで移動

他に
Undo(元に戻す)は マウス右クリックのメニューにあり。(これメニューアイコンになぜないんだろう? 入れて欲しい)
部品を Ctrl+ドラッグ ですぐ複製できたり、またレイヤーも使えるようになっています。

次のレベルとしては、
ライブラリとして、新たな部品を付け加えることも出来る。

どこに新たな部品があるかというと 自分で部品を描いて作る(付属の別ソフトで描画作成、ライブラリに登録可能)
または ネット上などで誰かが作って公開してくれている部品図集を取り込むなど。

絵の得意な人は、付属のエディタで部品群 描いてライブラリとして公開してみてください
(このHPの、回路記号でなく、見た目部品 になっているものは、公開されていたものを使わせてもらっています)

この便利なBSch3V の使い方 ・・・ 解説本 が知らないまに出ているみたいです。
  使ううちに自然と慣れる簡単に使えるソフトですが、触ってみてもあんまりしっくり、よくわからない人には解説本は有効なようです。
  こういう、フリーソフトなどの解説本はハズレも多いので選択には注意


回路図には一応の規則がありますが、使っているうちになれて来るものなので最初はこだわらずに書くのがいいでしょう。
複雑な回路になると、図が大きくなり、どんどんわかりにくくなってきます。
そういうときに、他の人の回路図などを見ていくうちに、”この書き方 シンプルにできていて うまい” というようなコツが少しずつわかってくると思います。原則にこだわらず見てわかりやすいのが大事だと思います。

初めて回路図 描く人は とりあえず見つけた回路図を意味もなく 単なる修行のつもりでそのままこのソフトで描いてみることからはじめるなど。

また、基盤パターン作成のフリーソフト PCBE も有名です。プリント基盤作らない人にはそれほど必要を感じませんが。
これは配線をつなげていくユニバーサル基盤でなく、感光基盤などでパターンを作りこんで回路を作るためのソフトです。
よく見かける市販の電気製品の中にある、あんな緑色の基盤のような 基盤を作るだめのソフト。(感光基盤では処理しないと緑色にはなりませんが)
有名ソフトなのでこのソフトで作ったデータで基盤の発注を受ける基盤屋さんも多い
  これも解説本 が出ているみたいです。



この2つは回路のソフトとしてみんなが知っているようなソフト。これからも使われ続ける標準的なフリーソフトとなることでしょう。

業務用CAD(電気CAD 機械CAD)を使えるようになるまでには訓練と時間がかかりますでも使えるというのも1つのスキル、技術で、就職や転職に役立つスキルの1つといえますが、業務用、本格CADはそれだけに複雑多機能。途中で挫折しやすいもの確か。

BSch3Vの操作=ライブラリ群から部品を取り出し、回路図を描いていく基本操作は各種電気系CADの流れにもそっているのでこういうシンプルで手軽なフリーソフトから始めると様子と流れを体感できるので、一度使ってみるとよいでしょう。
回路を始めてソフトなどに慣れてなくてまだ何も使ってない人には、これほど使いやすいソフトも少ないので、
回路のソフトとして最初にがんばって努力しても会得(えとく)するべき価値のあるソフトだと思います。

始める電子回路 回路がわかる本 作る、買う、調べる回路
        メインページへ