3664F,3694Fで始めるH8 500円で始めるPIC 始めるAVR

吸い込みでLEDを光らせる


IOポートは電流を吸い込むこともできます。
今度はポートに吸い込みでLEDを点灯させる。



吸い込みでLEDを光らせる

IOポートは電流を吸い込むこともできます。

前回はポートから出力される電流でLEDを点灯させました。
   ポートへの出力をと設定することで、IOピンが5Vとなり、そこにLEDと抵抗を接続して
   2mAの電流でLEDを点灯させました。

今度は、別の方法で、
   ポートに流れ込む(吸い込む)形式で、LEDを点灯させてみます。
   ポートへの出力をと設定することで、IOピンが5Vとなり、の設定でIOピンは0Vとなります。
   しかし、の設定でIOピンは0Vとなるのは、電圧が0Vで出ない
 と同時に GNDのように  電流を吸い込むことが出来ます。

H8-3664 に流せる電流は 

 ■ IOポートでLEDを光らせる   にあるように(下記)

ポートに電流を流し込むシンク電流 でも やはり2mAしか吸い込めません。

しかし、 ポート8だけ吸い込みの場合、20mAの電流を流すことができます。(大電流ポート)
(その他のポートは吸い込み、吐き出しとも2mA)

ポート8に20mAの電流を流し、明るくLEDを点灯させて、吸い込みでも点灯させられることを試します。


回路図



前回での、 ポートからLEDに出て行くのと違い、
ポート8をGNDのように流れ込む向きにLEDを接続します。

ポート8だけ吸い込みの場合、20mAの電流を流すことができます。


プログラム

#include <3664.h>

void msecwait(int msec)
	/*なにもしない時間稼ぎ関数*/
{
    int i,j;
    for (i=0;i<msec;i++) {
        for (j=0;j<1588;j++);    /*1588は約1/1000s*/
    }
}


void main()
{

	IO.PCR8=0xFF;       /* 全て1にセットし、出力に設定 1111 1111 */
			
	while (1) {             //  P80   ch2-pin9 
		IO.PDR8.BIT.B0=1;	// 消灯 (短)
		 msecwait(250);
		IO.PDR8.BIT.B0=0;   // 点灯(長)
		 msecwait(700);
	}
}



吐き出しでLEDをつけるのとは反対で、

 IO.PDR8.BIT.B0=1;  で LEDは消灯し、

 IO.PDR8.BIT.B0=0;  となったときLEDは点灯します。

 点灯の方の時間を少し長くしています。


メモ
H8-3664は

 ソース電流、シンク電流ともに 2mA
 シンク電流はポート8だけ多めの電流が吸い込める。
   ポート8    :  20mA 
   ポート8以外 :  2mA 


3664F,3694Fで始めるH8 500円で始めるPIC 始めるAVR
        メインページへ